見積依頼前の確認事項

見積に必要な書類

見積には次の書類を要しますので、お手元にご準備ください。
  • (提出必須)(根)抵当権設定契約証書
  • (提出必須)(根)抵当権を設定する不動産の不動産登記事項証明書又は不動産登記情報(全部事項)(注)
注 不動産登記情報(全部事項)は、「登記情報提供サービス」で取得することができます。

見積に必要な環境

メールに見積書のPDFファイルを添付して、見積書を発行いたしますので、PDFファイルを閲覧することができる環境とメールアドレスをご準備ください。

メールアドレスの取得方法

メールアドレスをお持ちでいない方は、「Gmail」や「Yahoo!メール」等で事前にメールアドレスを取得しておいてください。

PDFリーダーの取得方法

PDFファイルを閲覧できる環境でない方は、AdobeさんのこちらのページよりPDFリーダーをダウンロード・インストールしてください。無料版の「Acrobat Reader」でも、PDFファイルの閲覧は可能です。

PDFファイルを閲覧できる環境にあるかどうか分からない方は、下にある「見積書サンプル」をクリック(タップ)してみてください。サンプルの見積書が表示されれば、PDFファイルを閲覧することができる環境は整っています。

見積書サンプル

注意事項

  • (根)抵当権を設定する不動産の所在地が鳥取県西部の市町村(米子市・境港市・大山町・南部町・伯耆町・日野町・日南町・江府町・日吉津村)外の場合は、弊事務所の業務エリア外でございますので、見積依頼を受けてもお答えしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 見積依頼される方から提示(提出)された情報を基に見積書を作成いたしますので、提示(提出)される情報が少なかったり、古かったりした場合は、見積額が実際の請求額と乖離することがございます。
  • 一定の場合は、(根)抵当権設定登記の前提として他の不動産登記申請(前提登記の費用が別途発生いたします)を要することがございます。なお、(根)抵当権設定登記の前提として他の不動産登記申請を要することが判明した場合は、前提登記の費用を併せた見積書を発行いたします。
  • 見積額の算出において、各証明書の発行手数料は、米子市のものを採用いたします。

セキュリティ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
当サイトはグローバルサインにより認証されています。入力内容は暗号化して送信されます。個人情報の取扱いについては、プライバシーポリシーをご確認ください。

見積依頼をされる方の情報をご入力ください

【会社名】

【お名前】(必須)

注 フルネームでご入力ください。
【ふりがな】(必須)

【メールアドレス】(必須)

【お電話番号】(必須)
- -

見積に必要となる書類の提出方法をご入力ください

【(根)抵当権設定契約証書の提出方法】(提出必須)


注1 「画像添付により提出」を選択された場合は、次の画像添付フォームより「(根)抵当権設定契約証書」の画像を添付してください。添付画像が3枚以上ある場合は、「+さらに画像添付フォームを表示する」をクリック(タップ)して、引き続き画像を添付してください。なお、「Image to PDF」等の画像PDF変換サービスを利用して、複数の画像を1つのPDFファイルにまとめて添付されてもけっこうです。注2 郵送によって提出される場合は、提出にかかる費用はお客様のご負担にてお願いいたします。
× ×
さらに画像添付フォームを表示する
× × × × × ×

【(根)抵当権を設定する不動産の不動産登記事項証明書又は不動産登記情報の提出方法】(提出必須)


注1 「画像添付により提出」を選択された場合は、次の画像添付フォームより「不動産登記事項証明書又は不動産登記情報」の画像を添付してください。添付画像が3枚以上ある場合は、「+さらに画像添付フォームを表示する」をクリック(タップ)して、引き続き画像を添付してください。なお、「Image to PDF」等の画像PDF変換サービスを利用して、複数の画像を1つのPDFファイルにまとめて添付されてもけっこうです。注2 郵送によって提出される場合は、提出にかかる費用はお客様のご負担にてお願いいたします。
× ×
さらに画像添付フォームを表示する
× × × × × × × × × × × × × ×

(根)抵当権を設定する建物についての情報をご入力ください

注1 土地のみに(根)抵当権を設定される場合は、【建物の使用状況】から【(根)抵当権設定者が建物を取得した日又は取得予定日】の設問はとばして【その他連絡事項等】へ進んでください。注2 Q&A「自分が(根)抵当権者と(根)抵当権設定者のどちらなのかわかりません。
【建物の使用状況】


【建物の用途】


【(根)抵当権設定者が建物を取得した日又は取得予定日】
  年  月 

注 わからなければ、おおよその年月日でけっこうです。

その他連絡事項等があればご入力ください

【その他連絡事項等】

よくある質問

自分が(根)抵当権者と(根)抵当権設定者のどちらなのかわかりません。
「(根)抵当権設定契約証書」に(根)抵当権者と(根)抵当権設定者の記載がありますので、当該書類よりご確認ください。また、以下によくある例を掲載しておきますので、よろしければ参考にしてください。

【例1】AがX銀行からA所有の不動産を担保(抵当権設定)に1000万円を借りた場合

抵当権者はX銀行、抵当権設定者は不動産所有者のAとなります。

【例2】AがX銀行からB所有の不動産を担保(抵当権設定)に1000万円を借りた場合

抵当権者はX銀行、抵当権設定者は不動産所有者のBとなります。



 確認画面はございませんので、ご入力内容を今一度ご確認のうえ送信してください。