民法第886条~895条では、法定相続人として、相続人になる者が定められています。さらに、民法第900条、901条では、法定相続分として、各法定相続人の相続する割合が定められています。そして、この法定相続人の確定には専門的な知識が必要となります。

そこで、専門的な知識がなくても法定相続人を簡単に推定することができる「法定相続人簡易診断」を設置いたしましたので、注意事項を一読のうえ問題がなければご利用ください。 また、法定相続人について詳しく知りたい方は、こちらのページで解説しておりますので、よろしかったらご覧ください。

活用方法

  • 相続・遺贈登記手続き簡易診断」の事前行為として活用する(これが「法定相続人簡易診断」を作成した本来の目的です)。
  • 「法定相続人簡易診断」で誰が法定相続人に該当するのか目星を付けてから、専門家に相談する。

注意事項

  • 相続放棄、推定相続人の廃除、一部の代襲相続、再代襲相続等は考慮しておりませんので、当診断による法定相続人と実際の法定相続人が異なる場合がございます。そのため、当診断結果を基に契約や取引、登記申請等をおこなわないでください。
  • 亡くなった方の子・兄弟姉妹が既に亡くなっている場合は、当該子や兄弟姉妹は亡くなった方よりも先に亡くなっているものとして診断いたします。
法定相続人簡易診断
亡くなった方の配偶者について教えてください。